2019年08月26日

不倫関係を継続した人の末路

「不倫関係をこのまま継続したら、一体私はどうなるんだろう・・・」

不倫をする中で、そういう不安が頭をよぎることもあります。


現実的な話をすると、不倫を成就(不倫相手と結婚)することができる可能性は、3.4%。

不倫しているひとの30人に1人という数字になっています。


それも、相手の家族にも納得してもらって、祝福の内に結婚できるケースはかなり稀。

相手に離婚してもらえず、ずるずる関係を続けてしまった結果、婚期を逃してしまってひどく後悔したり、略奪婚が成立しても相手の奥さんに不倫がばれてしまい慰謝料を請求されるというケースがあります。


彼がなかなか離婚できない理由は、離婚は夫と妻双方の合意が必要だからです。

いくら夫側が離婚を申し出ても、妻が反対すれば離婚は成立しないのです。


もっとも円満であり、だれも傷つけずに彼との関係を継続する道として言えるのは「結婚することを目的としない」ということです。


結婚を目的とせず、彼との愛を育み続けることのみを目的とする付き合い方です。

もちろん、不倫関係をばれないようにし続けるのが前提です。


ただし、もし自分が未婚の場合、彼との関係を継続しつつ別の男性と結婚する道を探ることになるわけですが、もしそういった行為、方向性に自分が納得できない場合は、彼との関係は終わりにして別れるべきでしょう。


不倫の恋は、ひとたびばれれば多くの人に影響します。

慎重に行動しなければ、彼や自分に災いをもたらします。

覚悟なくして不倫の道を全うすることはできません。


一度、自分は彼との恋をどうしたいのか、じっくり考える時間を取るのをおすすめします。

ラベル:不倫の末路 末路
posted by 不倫成就アドバイザーみさき at 21:04| 不倫 末路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする